横浜市青葉区奈良1-3-5
こどもの国KSビル

経鼻内視鏡 人間ドック 横浜市 青葉区 胃カメラ、大腸内視鏡、内科、逆流性食道炎、ポリープ切除、ピロリ菌、日曜診療。

〒227-0038
神奈川県横浜市青葉区
奈良1-3-5
こどもの国KSビル

お問い合わせ・ご相談は
TEL:045-960-5655
神奈川県横浜市青葉区奈良1-3-5

拡大地図はこちら >>

http://anzai-clinic.or.jp/m/
携帯サイトへアクセス
TOP»  胃カメラ・大腸内視鏡

胃カメラ・大腸内視鏡

胃内視鏡検査(経鼻内視鏡検査、麻酔下内視鏡検査)

【内視鏡各カメラ】

電子内視鏡により食道、胃、十二指腸を観察する検査法です。炎症、潰瘍、ポリープ、腫瘍などを観察して病状の診断をいたします。また組織を採取し、顕微鏡検査、内視鏡的外科手術による病変の切除もおこないます。胃十二指腸潰瘍の原因とされるピロリ菌の検査も可能です。

原則として予約検査で行いますが、随時検査も可能ですのでご相談ください。安全に検査をおこなうため全身状態の把握、感染症の有無について、内視鏡検査前に来院することをお勧めします。

血栓形成予防の薬物(バファリン、バイアスピリン、ワーファリン、プロスタールなど)、高血圧、不整脈、糖尿病、肝臓病の治療薬、精神安定剤、睡眠薬を服用している場合、あらかじめ来院しますようお願い申し上げます。

 

経鼻内視鏡検査の特長

1.内視鏡が舌の根元やのどを圧迫して、咽頭反射(嘔吐感)が起こります。鼻からの挿入では、この問題は解消。「オエーッ」という声も聞いていません。

2.鎮静剤が不要なため、しっかりと自分で検査所見をみることができます。お話が自由にできるので、モニターを見ながら、疑問点の質問も可能です。

3.内視鏡は従来のほぼ半分の5.9mmの細さで、鼻からでも楽に挿入が可能です。
「鼻からのほうが100倍楽だった。」とういう感想も頂いております。私も体験し、楽なことには感激しました(院長談)。

胃内視鏡検査の流れ

■検査前日の準備
前日21時以降は食事摂取を控えてください。検査当日の飲食はすべてお控えください。
ただし、高血圧、狭心症などの特別なくすりの場合は、検査当日も服用していただく場合があります。

■当日の検査手順
【経鼻内視鏡検査の特長】
1.内視鏡が舌の根元やのどを圧迫して、咽頭反射(嘔吐感)が起こります。鼻からの挿入では、この問題は解消。
2.鎮静剤が不要なため、しっかりと自分で検査所見をみることが可能なほか、お話が自由にできます。もちろんモニターを見ながら、疑問点の質問も可能です。
3.内視鏡は従来のほぼ半分の5.9mmの細さで、鼻からでも楽に挿入が可能です。

【経鼻内視鏡検査の前処置】
・プリビナ(血管収縮剤)キシロカイン(局所麻酔剤)を含むゼリー2ccをゆっくり鼻から注入する。
・2分後にゼリーを3cc追加注入し、ガイドになる柔らかいチューブを挿入。
・5分後にチューブを抜去し、検査が開始される。

【鎮静剤投与下の内視鏡検査】
経口検査で、楽に検査をすることを希望する方におススメ。
キシロカインによるのど麻酔(嘔吐反射抑制のため)を行います。その後に鎮静剤を投与して
内視鏡検査を行います。通常検査時間は 5分で終了します。処置の内容によっては、これより多少時間を必要とします。麻酔法についてはご相談ください。
鎮静剤なく検査も可能です。

詳しい内視鏡検査のための麻酔法はこちら>>

■検査終了後
検査の説明は、モニターを見ながら再度おこないます。検査終了後はすぐに帰宅可能です。
検査後2時間の飲食は控えてください。鎮静剤投与による検査を受けた方は、検査後1~2時間当院で待機していただき、車の運転は原則としてご遠慮願っております。

胃内視鏡検査費用一覧

健康保険点数にもとづく概算です。診療内容により増減はあります。

 
1割負担
2割負担
3割負担
胃内視鏡検査(初診料を含む) 1,440円 2,880円 4,310円
胃内視鏡検査(初診料、病理検査を含む) 2,760円 5,530円 8,290円
胃内視鏡下手術(粘膜切除など)+病理検 5,400円 10,800円 16,200円
ピロリ菌除菌療法(薬剤料のみ) 840円 1,680円 2,510円

大腸内視鏡検査

【ERBE社ICC200】

肛門より電子内視鏡を挿入して直腸、大腸の観察をする検査法です。
炎症、ポリープ、腫瘍の診断が可能であり、必要に応じて組織検査、ポリープ切除が行われます。

検査の安全性については、大腸が穿孔し緊急手術が行なわれる可能性が0.03%といわれています。

当院では安全なポリープ切除を可能とするため、ERBE社ICC200(ドイツ製)を導入いたしました。

ポリープ切除の症例


切除前の有茎性大腸ポリープ

スネアーによりポリープ茎部を絞扼

ERBE社ICC200により焼却切除

切除断端の止血確認

大腸内視鏡検査の流れ

■全て予約検査で行います
全身状態の把握、感染症の有無、について検討し、安全に検査を行なうために必ず来院してください。
予め必要な前処置薬を処方いたします。

■前日から来院するまでの準備
検査前日の食事制限はありませんが次の食品摂取は控えてください。
(ごま、キウイフルーツ、ねぎ、たまねぎ、わかめ、その他繊維分、小さな種を含む食べ物)
高血圧、狭心症などの特別なくすりは、服用していただく場合があります。

■当日の検査手順
早朝よりニフレックを服用していただき、大腸の中の排泄物を除きます。
前処置に不安のある方は、ご自宅で服用せずに当院で服用し、検査までお待ちいただくことも可能です。

■検査終了後
鎮静剤を用いない検査ではすぐに帰宅が可能です。鎮静剤投与下に検査をおこなった方は、検査後1~2時間当院で待機していただき、車の運転は原則としてご遠慮願っております。
麻酔法についてはご相談ください。

詳しい内視鏡検査のための麻酔法はこちら>>

■ポリープを切除した場合
刺激物、アルコールの摂取は一定期間避けてください。また、腹圧のかかるような激しい運動は控え、入浴もシャワーで済ませるようにしてください。

大腸内視鏡検査費一覧

健康保険点数にもとづく概算です。診療内容により増減はあります。

 
1割負担
2割負担
3割負担
大腸内視鏡検査(初診料を含む) 2,010円 4,020円 6,030円
大腸内視鏡検査(初診料、病理検査を含む) 3,340円 6,670円 10,010円
大腸内視鏡下手術(ポリープ切除など)+病理検査 6,960円 13,920円 20,880円